文化  La situation actuelle des étudiants francophones au Japon
La situation actuelle des étudiants francophones au Japon
 
Ryo Narahashi,  Teruyoshi Takemoto
竹本、楢橋
 
2013年12月14日明治学院大学で「第5回フランコフォニーを発見しよう」が“日本におけるフランコフォニー推進会”によって開催されました。その際慶應義塾高等学校の3年生により発表されたルポルタージュ。テーマは「アフリカ出身のフランコフォニーの留学生の現状について」です。


Screen-Shot-2014-03-14-at-5-34-44-PM.png

Screen-Shot-2014-03-14-at-5-34-53-PM.png
 
 こんにちは。
 
① 私の両親は公立高校の教師をしています。その両親から聞いたところによると、最近、アフリカ諸国から日本の高校に留学する生徒が増えてきているそうです。彼らにとって問題となるのは、言語の壁であるといいます。彼らの中には、クラスメイトと話せなかったり、授業についていくことができなかったりする生徒もいます。
このような話を聞いて、私たちは、日本に来ているフランコフォニーの学生の現状を実際に調査してみたいと思いました。私たちは、近隣の各県の県庁に電話して、フランコフォニーの学生を紹介してもらい、実際に2人の学生にインタビューをすることができました。
今回の発表では、そのインタビューを通して、彼らが抱える問題や日本人に対する思いを理解し、私たちなりに考察していこうと思います。

Bonjour.
①   Mes parents sont professeurs dans un lycée public. Selon eux, récemment, les élèves africains venant étudier aux lycées japonais sont de plus en plus nombreux. Ils disent que le plus grand problème pour les élèves africains est la barrière de la langue. Parmi eux, il y a des élèves qui ne peuvent pas communiquer avec leurs camarades de classe ou ne peuvent pas se débrouiller en cours.
Après avoir écouté ces propos, nous avons eu l'idée de faire des recherches sur la situation actuelle des étudiants francophones au Japon. Nous avons téléphoné aux préfectures voisines, et grâce à leur entremise, nous avons pu faire l'interview de deux étudiants.
Dans cet exposé, nous allons présenter notre réflexion à partir des deux interviews, en essayant de comprendre les difficultés que les élèves africains rencontrent dans leur vie scolaire, et leur impression des Japonais. 
 

Screen-Shot-2014-03-14-at-5-36-17-PM.png

Screen-Shot-2014-03-14-at-5-36-25-PM.png
 
② まず、一人目を紹介します。グレゴワール・ディオフ(Grégoire Diouf)君、15歳、千葉県柏日体高校の1年生です。彼は今年、バスケットボール留学のため、セネガルから日本へやって来ました。
セネガル共和国は、西アフリカに位置し、フランス語を公用語としています。人口は2008年の時点で1253万4千人ほどです。近年ではセネガルから日本にバスケットボールの選手として留学する生徒が増えているといいます。彼らはバスケをすることを目的として日本に来ているので、来日当初は日本語が全く理解できない人が数多くいます。
今年の春にグレゴワール君が初めて日本に来たときには、会話に随分と苦労したそうです。しかし、彼に、では学校生活で支障が出たことはあるかと尋ねると、「特にない」と答えてくれました。というのも、クラスの友達や部活動の仲間が彼のことをとても気にかけてくれるからだそうです。ジェスチャーでわかりやすく説明してくれたり、学校側が放課後に日本語の補習を行ってくれたりするため、今では、日本語の単語を少しずつ理解できるようになり、授業にもついていけるようになっているそうです。
また、来日当初には、母国語のフランス語を話す環境が彼には全くありませんでしたが、最近ではアフリカ人の集まるパーティーに参加したり、教会のミサに行った時にセネガル人に会ったりと、日々の中でフランス語を使う機会が徐々に増えてきているといいます。彼は、今回のインタビューを含め、日本でフランス語で会話ができることに喜びを感じていると語ってくれました。

②   D’abord, nous vous présentons Grégoire Diouf, 15 ans, en première année au Lycée de Kashiwa Nittai. Cette année, il est venu du Sénégal au Japon comme joueur de basketball.
        La République du Sénégal est située en l’Afrique de l’Ouest où les gens parlent le français, et la population du Sénégal est d'environ douze millions cinq cent trente-quatre mille habitants (en 2008). Ces dernières années, il y a de plus en plus d'étudiants sénégalais qui viennent au Japon comme joueurs de basketball. Au début, la plupart d’entre eux ne peuvent pas parler le japonais du tout, parce que faire du basket est leur unique objectif.
        Ce printemps, quand Grégoire est venu au Japon pour la première fois, il avait beaucoup de mal à communiquer. Pourtant, lorsqu'on lui a demandé s'il a eu des difficultés dans sa vie au lycée, il a dit qu'il n'avait aucun problème parce que ses amis de classe ou ses camarades de basket s'occupaient très bien de lui. Par exemple, ils lui expliquent en faisant beaucoup de gestes, et des professeurs du lycée lui donnent des cours de japonais supplémentaires. Avec cette aide, à présent, il peut comprendre de plus en plus de mots japonais, et il est ainsi plus facile pour lui de suivre les cours.
        Quand il est venu au Japon, il n'avait aucune occasion de parler en français, sa langue maternelle. Mais, récemment, il va à des soirées où des Africains se réunissent, et à la messe où il voit également des Sénégalais. C’est pourquoi il parle de plus en plus en français dans son quotidien. Il nous a dit qu'il prenait plaisir à parler en français au Japon, comme pour cette interview. 
 
Screen-Shot-2014-03-14-at-5-38-11-PM.png

Screen-Shot-2014-03-14-at-5-38-21-PM.png
 
③ 二人目はイダヤ・ザカリ(Idaya Zakaly)さんです。19歳、ベナン出身で、現在は共立女子大学に所属しています。この大学では、毎年ベナンからの留学生を受け入れています。
ベナン共和国は、アフリカ西部に位置しており、首都はポルト=ノボ、人口は約988万人です。フランス語が公用語で話されています。1960年にフランスから独立しました。
イダヤさんは、14歳の時、日本についてのドキュメンタリー番組を見て、日本の文化などに興味を持ち始め、中学で週に3時間、日本人の先生について熱心に日本語の勉強をしました。そして彼女はバカロレアを取得し、19歳の時に日本に留学しました。
彼女は現在、学生アパートに住んでおり、同居人のスイス人とはフランス語で会話していますが、日々の生活ではほぼ日本語を話しています。学校生活では日本人の学生と接する機会も多くあります。
彼女の感じた印象によると、日本人はとても優しいけれど、少し内気な性格であるため、なじむまで時間がかかったそうです。しかし現在では、友達と日本語で問題なく会話ができるまでになっているようです。日本人に対する印象としては、畳を使うなど、昔からの生活習慣を大事にしているという印象をもっているとのことです。

③   Ensuite nous vous présentons Idaya Zakaly, 19 ans, venue du Bénin. Elle est maintenant étudiante à l’université de Kyoritsu-Joshi. Cette université invite une étudiante du Bénin chaque année.
        La République du Bénin se situe à l’ouest de l’Afrique et la capitale est Porto-Novo. La population est d’environ neuf million huit cent quatre-vingt mille habitants. La langue officielle est le français. Le Bénin est devenu indépendant de la France en 1960.
Quand Idaya avait quatorze ans, elle a commencé à s'intéresser à la culture japonaise en regardant un programme de télévision sur le Japon. Elle a étudié le japonais 3 heures par semaine au collège. Après avoir passé le Baccalauréat, elle est venue au Japon pour étudier.
Maintenant dans la vie quotidienne, elle parle japonais sauf avec sa compagne de chambre qui est Suisse. À l’université, Elle a beaucoup d’occasions de parler en japonais avec les autres étudiantes.
Elle a l’impression que les Japonais sont très gentils, mais comme ils sont timides, au début elle a ressenti une certaine distance. Mais maintenant elle peut communiquer avec eux en japonais sans aucun problème. Elle pense également que les Japonais chérissent leur culture traditionnelle, par exemple en utilisant des tatamis à la maison.
 
Screen-Shot-2014-03-14-at-5-40-42-PM.png
 
④ 今回のインタビューを通して、私たちは外国人から見た日本の姿を深く認識することができました。
彼ら二人が日本に来た当初は、言語や文化の違いから、日本人と上手くコミュニケーションが取れませんでした。しかし、学校の友達や先生の援助などによって、今では生活にほとんど支障がないと語ってくれました。
このような点から、我々の住まう日本は外国人にとって優しい国のように見えます。この優しさには、日本古来の「おもてなし」――歓待の文化が強く影響していると思います。どんな客人に対しても優しく接するという日本の伝統的な礼儀作法は、外国の人にとってもきっとありがたいものなのだろうと思います。
しかし一方で、その「おもてなし」には、お互いの言語における相互理解という面があまり見られないことも事実です。実際、日本に住むフランコフォニーの人々のために、その周囲の人たちが自らフランス語を学ぼうとする姿勢は、それほど積極的には見られません。
グレゴワール君が語っていたように、日本に住むフランコフォニーにとって、フランス語を話すことが喜びであり、彼らの癒しに繋がっていることは間違いないでしょう。
ひとり日本にやってきた外国人が避けがたく感じてしまう「言語的な孤立」をより多くの人が認識し、「おもてなし」に相手の言語を理解しようとする姿勢が結びつけば、日本の「おもてなし」はよりグローバルな礼儀作法になっていくのではないかと思います。来る2020年の東京オリンピックに向けて、多くの外国人を招き入れる立場となるわれわれ日本人にとって、その認識は不可欠であるだろうと思います。
 
以上です。ご清聴ありがとうございました。

④     Ces deux interviews nous ont permis de mieux connaître le Japon vu par les étrangers.
Au début de leur séjour au Japon, ces deux étudiants ne pouvaient pas bien communiquer avec les Japonais à cause des différences linguistiques et culturelles entre leur pays et le Japon.  Mais ils nous ont dit que maintenant ils n’ont plus guère de difficultés dans leur vie quotidienne.
De ce fait, le Japon où nous habitons, paraît un pays plutôt gentil avec les étrangers. Nous pensons que cette gentillesse est fortement influencée par l’ancienne tradition japonaise de bon accueil, l’ "Omoténashi". Cette règle d'étiquette plaît sans doute aux étrangers.
Les bonnes grâces de l' "omoténashi" supposent cependant une bonne compréhension linguistique mutuelle. Mais les Japonais ne semblent pas en fait faire suffisamment d'efforts pour apprendre le français afin de communiquer avec les francophones au Japon.
 Comme Grégoire nous l'a dit, pour les francophones au Japon, parler en français est sûrement une joie procurant également de l'apaisement.
 L’ "Omoténashi" japonais pourra devenir une pratique plus universelle si plus de Japonais comprennent la "solitude linguistique" inévitable des francophones venus seuls au Japon, et si nous joignons l’ "Omoténashi" à  des efforts de compréhension de la langue des interlocuteurs. A l'approche des jeux olympiques de Tokyo en 2020, il faut que nous les Japonais, qui accueillerons beaucoup d’étrangers, ayons bien conscience de cela.
 
C’est tout. Nous vous remercions de votre attention.


TV5MONDEはフランス語の国際総合ネットワークです。映画、ドラマ、ニュース、スポーツ中継、ドキュメンタリー、トラベル、青少年番組、グルメ、インテリア、エンターテインメントショー等々、多彩な番組を字幕付きで放送しています。 TV5MONDEでは自主番組の他、フランス、カナダ、ベルギー、スイスのフランス語圏の公共放送機関と国営放送局10局の番組を放送し、2億6千万世帯が視聴可能です。番組は放送地域に応じて編成され、12言語の字幕が付いています。TV5MONDEは知識人やビジネスエリートをはじめ、世界中に広がるフランス語コミュニティの幅広い視聴者層から支持を得ています。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ