映画  LA CÉRÉMONIE 『沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇』
盗み見る女と盗み聴きする女
 
1995年のクロード・シャブロル監督作品。原作はイギリスの推理作家ルース・レンデルの小説『ロウフィールド館の惨劇』。そのため邦題の副題に「ロウフィールド館の惨劇」がくっついているが、本作の舞台はノルマンディー。原作からの改変としては舞台だけでなく、主人公を若く魅力的な女性2人にしたことが挙げられる。それによってフランス映画界を代表する女優、サンドリーヌ・ボネールとイザベル・ユペールの共演が可能となり、世にも恐ろしい作品が生まれることとなったのだ。
 
La_ceremonie_TV5MONDEApac_1.jpg

若いソフィー(サンドリーヌ・ボネール)という女性がカフェで待っていたカトリーヌ(ジャクリーン・ビセット)と会う。ソフィーはカトリーヌの暮らすルリエーヴル家で家政婦として働くことを希望しており、簡易な面接だけで採用が決定する。実際働き始めるとソフィーは家事を完璧にこなし、カトリーヌの家族から喜ばれていた。この家族というのはカトリーヌの夫ジョルジュ(ジャン=ピエール・カッセル)と前夫との息子ジル(ヴァランタン・メルレ)、ジョルジュの連れ子メリンダ(ヴィルジニー・ルドワイヤン)という構成で、後の『甘い罠(2000)』にも見られるシャブロル的家族構成だ。

La_ceremonie_TV5MONDEApac_2.jpg

ソフィーは仕事をきちんとこなすものの、ルリエーヴル家の人たちと打ち解けることはなく、いつも一人で不気味がられている。そんなソフィーにも友人ができる。街の郵便局に勤めるジャンヌ(イザベル・ユペール)だ。ジャンヌは奔放で落ち着きのない性格だが内気なソフィーと馬が合うようだ。一方ルリエーヴル家の人たちはジャンヌを毛嫌いしており、ソフィーが彼女と仲良くするのも好ましく思っていない。それには理由があり、ジャンヌは以前自分の娘を殺害して逮捕されたという噂があるのだ。ソフィーがジャンヌにそのことを尋ねると、「証拠不十分で無罪よ」とあっけらかんと冗談めかして答える。反対にジャンヌは持っていた古い新聞をソフィーに見せる。ソフィーの父が放火によって亡くなった記事だ。「この犯人はあなたなの」と問うジャンヌに、ソフィーはいたずらっぽく「証拠不十分よ」と答える。この証拠不十分という言葉が2人の関係をより強固なものにするのだった。
 
なんの苦労もなく裕福に暮らすルリエーヴル家に対して恨みを持つジャンヌは郵便局で働いている際、ルリエーヴル家に届く郵便物を勝手に開けて中を見ているとジョルジュたちに疑われていた。ソフィーはメリンダと恋人の電話の会話を別の部屋の受話器で盗み聴きし、メリンダの妊娠を知る。そのメリンダにソフィーは誰にも話していない自身の秘密がバレてしまい、妊娠のネタで内緒にするよう持ち掛けるが、家族に言いふらされてしまう。「証拠不十分」という言葉で繋がった、盗み見る女と盗み聴きする女によってもたらされるラストの惨劇は凄まじい。

La_ceremonie_TV5MONDEApac_3.jpg

La_ceremonie_TV5MONDEApac_4.jpg

本作でもシャブロル監督の演出は信奉するヒッチコック顔負けに素晴らしく、煙草、鏡、メモ、電話、汚れたハンカチ、ラジカセなど小物の扱いが、サスペンスにおいて特に効いている。カトリーヌたちがテレビ画面で観ている映画がシャブロル監督自身の『血の婚礼(1973)』というのも面白い。アカデミー賞などで格差社会を描いた作品が多く受賞する昨今、本作も今観るべき映画なのかもしれない。
 
1982年生まれ。京都市在住。 古今東西の映画や国内外の映画祭を愛す。 フランス映画に惹かれたきっかけは、印象派絵画の巨匠オーギュスト・ルノワール の次男坊という興味で観始めたジャン・ルノワール監督作品との出合いから。 人生の悲喜交々を、自然や天候と戯れるような大らかさや女優たちへの少しばかり 淫らな視線、画面の構図、色彩感覚といった父親譲りの才能で描き出された彼の 作品群で映画の歓びを知る。 フランス映画以外ではアメリカのフィルム・ノワールや西部劇が特に好み。 映画検定一級取得。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ