文化  ダヴィド・フェンキノス『ナタリー』
久しぶりに現代フランス作家の恋愛小説を読みました。
読みやすい文章、軽やかな文体、物語と関係のない断章の数々、
いかにも女性に好まれそうな現代作家といった感じです。
ネットで見る限り、日本人女性読者の評価は高いようですね。
 
最初の数ページはよくある恋愛小説かなと思っていましたが、
その後大きな喪失を経験した女主人公の心理が非常に細やかに描かれ、
また彼女を取り巻く登場人物のコミカルさが非常に面白く、惹きこまれました。
主人公たちの映像が頭に浮かび、映画を観ているような感覚でした。

mikamikou_natalie.jpg


【ストーリーについて】
幸せな結婚生活をしていたパリに住む女性ナタリー。
しかしある日夫のフランソワを交通事故で失くします。
その後、深い喪失感を抱えながら自宅にひきこもっていましたが、
ある日会社に復帰してひたすら仕事に打ち込む毎日が始まります。
しかし彼女の心は以前と同じで固く閉ざされたままでした。
会社の社長シャルルの誠意とセクハラの交じった誘惑にも無反応で、
バーで出会ったいい感じの男性との夜も自分から逃げてしまいます。
もう仕事以外の何も彼女の関心を引き付けることはできませんでした。
しかしあるときオタク気質で冴えないスウェーデン人の部下マルキュスが
彼女のオフィスに入って来た時、彼女にある変化が生まれます。
 
この小説は平凡な日常とどこにでもありそうな恋愛を扱っていながら、
心理描写と一見意味のないディティールを巧みに配置することで、
読者に先へと読ませる力を持っています。
後半からの展開はあまりに唐突で奇抜なストーリーだと思いましたが、
普通の恋愛小説とは全く異なる状況が反対にリアリティを感じさせます。
読み終わって、この物語の伝える視点の面白さに気付きました。
 
【喪失のあとにやってくる変化】
この物語は人間についての鋭い観察記録とも言えます。
深い喪失で苦しみを持っている人は、もう何かを楽しんだり幸せを感じたりすることが
難しいと思えてしまうことがあります。特に親しい人を失った時には。
しかし人間の身体は常に変化をしています。
心は閉ざされていても、生命としての身体が自分自身を
あるとき次の人生へ突き動かしていくことがあるのかもしれません。
そんな可能性を感じさせてくれたのが『ナタリー』でした。
 
【3人の視点から描き、男女の心理を両側から描写】
またこの小説の面白いところは、心理描写の主体が変わることです。
もちろんナタリーが主人公なのですが、部下マルキュスや社長シャルルの
視点からみた男性心理の変化も描かれていて、
愛する女性を得ようとする男性の滑稽なまでの思考や行動が興味深い。
履歴書の写真を見た時からナタリーを気に入ってしまった社長シャルルは、
様々な策を使って夫を失ったナタリーを誘惑します。
しかし最終的にはナタリーに拒絶されて絶望の淵に落とされます。
しかしその悲しみによって、彼には新しい変化と今までにない感情が生まれます。
 
【フランス企業内のコメディ】
また『ナタリー』は企業内のコミカルな人間模様を描いた小説としても楽しめます。
スウェーデンと取引のあるフランス企業が舞台ですが、
出てくる人物はどれもキャラクターが立っていて、漫画の人物のようでもあります。
セクハラをする社長に噂好きの部下など、だいぶ誇張されているようにも見えますが
フランス人にはこのような人がいるだろうなというリアルさも感じさせます。
 
【小説に登場する音楽と文学】
小説の中に実在の音楽や文学、映画が登場することも印象的でした。
主人公と亡き夫の思い出の曲として
アラン・スーションの『逃げ去る愛』が出てきます。
これはフランソワ・トリュフォーのアントワーヌ・ドワネルシリーズの
最後の作品『逃げ去る恋』(L'Amour en fuite/1979)の中で流れていたもの。
個人的にこの映画シリーズが好きなので、ナタリーの存在が
すごく身近なものとして感じることができました。
また彼女が読んでいた小説はコルタサルの『石蹴り遊び』。
幻想作家の長編を読む女性、一筋縄ではいかない感じが伝わってきます。
 
読後感としては、とても読みやすい恋愛小説でした。
なんだか最近の恋愛映画を観たような感じで、
登場人物の滑稽なキャラクターや目に浮かぶような描写も映画的です。
しかし決して軽い小説ではなく、そこに含まれる人間への観察眼は
まさにフランス小説といった深い味わいがありました。
 
ちなみにオドレイ・トトゥ主演ですでに映画化されており、
原作者ダヴィド・フェンキノスが弟と共同で監督をしています。
こちらも是非観てみたいと思います。
 
『ナタリー』"La Delicatesse"(2012)
ダヴィド・フェンキノス著
中島さおり訳

東京出身。慶應義塾大学文学部卒。 大学時代に写真撮影を始める。2007年、パリに一年間滞在して写真を制作。 以後毎年パリへ出かけ、変化し続けるパリと変化しないパリを撮り続けている。 他にパリを舞台にした小説を書いている。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ