文化  かわいいフランス語、教えます~その9 猫の名前
21/11/201415:00 pen
pic-1.jpeg
 
かわいいフランス語の単語を集めているシリーズ9回目です。
 
メールアドレスや店、ブログの名前、ハンドメイド作品の自分ブランドに使えそうなものを探しています。
 
前回の、その8 男の子の名前に続いてきょうは猫の名前をチェックしました。
 
日本の猫だと、私は「タマ」「トラ」ぐらいしか思いつきません。
 
あとは、色で「シロ」とか?これは犬でしょうか。それと、足の先だけ白いのに「白足袋」や「ソックス」。
 
以前、うちにいた猫は弥助でした。ニャ助⇒弥助(弟の命名)
 
人間の名前より多種多様ですが、それでも人気の名前はあります。
 
ランキングはペットフードのサイトなど、いくつか見つかりましたが、Journal des Femmes.comの2010年の夏のリストを使いました。
 
L'Internauteの読者で、猫を飼っている人、224,422人からどんな名前をつけているのか、アンケートをとった結果です。
 
上位20位までのご紹介です。
 
★フランスで人気の猫の名前ランキングトップ20★
 
1. Minette  ミネット
2. Chipie シピ
3. Tigrou ティグル 
4. Caramel カラメル
5. Gribouille グリブイユ
6. Câline キャリーヌ
7. Mimine ミミンヌ
8. Fripouille フリップイユ
9. Cannelle キャネル
10. Félix フェリックス
11. Mimi ミミ
12. Vanille ヴァニーユ
13. Réglisse レグリース
14. Maya マヤ
15. Filou フィル
16. Zoé ゾエ
17. Léo レオ
18. Simba サンバ
19. Minou ミヌ
20. Lilou リル
 
【補足】
Minette: minet, minette は、口語で、子猫、猫ちゃん、という意味です。また、愛情表現として、特に子どもへの呼びかけに使うこともあります。
mon minet かわいい坊や、いとしい人 (男性に)
ma minette かわいいお嬢ちゃん (女性に)
 
Chipie : chipie は辞書によると「わがままな女」ですが、chipieという洋服のブランドなどありますので、おしゃまな感じがあるんでしょうか?
 
Tigrou : 虎という意味。「くまのプーさん」の友達のティガーのフランス名はTigrouです。
 
pic2.jpg
※アマゾンより

これは数年前に大流行した、クロックスにつけるジビッツ。
 
Gribouille :gribouilleはまぬけという意味なので、「おまぬけさん」?
 
Câline :câlin(e) 甘えん坊という単語から。また、形容詞で、甘やかす、優しい、という意味もあります。
un chat câlin じゃれつく猫
 
Mimine、Mimi : mimiは幼児語でにゃんこ、にゃあにゃあ という意味。mimineはこれの女性形です。
mimiも呼びかけで使われます。かわいい雰囲気ですね。
 
Fripouille :fripouilleから。この単語は辞書には「ごろつき、ペテン師」などとありますが、いたずら好き、ぐらいの感じかな。 もとの動詞はfriper
 
Cannelle :cannelle はシナモンです。ニッキ(肉桂)色のことでもあります。キジトラ用? 
 
n、lの数や、語末のeのあるなしというスペルのバリエーションがあります。
 
Félix: アメリカのアニメに出てくる猫の名前です。また、フランスのペットフードのCMに出てくる猫にFélixというのがいるらしいです。
 
pic-3.jpg
※アマゾンより
 
日本ではフィリックスくん
PIC-4.jpg
※アマゾンより
 
Vanille : vanilleはバニラです。お菓子にいれる甘い香料ですね。アイスクリームのフレイバーでもあり。バニラ系の激甘の香水など、近年、人気です。
 
Réglisse :réglisse は甘草(カンゾウ)というマメ科の植物の総称。古くから生薬として使われています。
 
甘い草、と書くように甘いのです。英語ではliquorice(リコリス)です。これが原料の薬くさいお菓子(キャンディー)がありますが、欧米人には人気です。
 
砂糖の配合具合により、薬になったり、お菓子になったりします。
 
いろいろなリコリス製品。
 
pic-5.jpeg
※File:2013.02-402-022aP Liquorice products tue05feb2013.jpg – Wikipedia, the free encyclopediaより  
 
Maya : マヤ文明のMayaと同じスペル。ミツバチマーヤ(Maya l’abeille)というアニメあり。
ミツバチマーヤ~テーマ曲 1分26秒

 
French Openingとあるので、もとはアメリカのアニメかもしれません。
 
Filou: filouは口語で、いたずら坊主 悪ガキ 女性形はfiloute。 もともとの意味は、スリ、巾着切り(って辞書にあったけど、初めて聞きました。おもしろいので書いておきます。昔は巾着に金貨を入れて、持ち歩いていたんだと思います)、詐欺師、ペテン師
 
Zoé :zoéはギリシャ語で「生命」という意味。ウルトラマンゾーイもここから来ているのかも?
 
Minou :minetの異形。(話)(幼児語)子猫、にゃんこ。愛をこめた呼びかけにも使われます。
 
mon minou かわいい人(と便宜上、訳を書いていますが、日本語にはこういう言葉はないと個人的に思います)。
 
Lilou :最近、フランスで女の子(猫でなく人間)につけるのに人気の名前で、先日紹介した女の子の名前人気ランキングで10位です。
⇒かわいい単語、教えます~その7 女の子の名前
 
これは伝統的なフランスの名前ではなく、語源は不明ですが、Elizabethの略称ではないかとのこと。
 
1997年にリュック・ベッソン監督の「フィフス・エレメント』Le Cinquième élémentという映画が出たのですが、ヒロインの名前がLeeloo(リー・ルー)。それで、この名前に人気が出たようです。リー・ルーの髪はあざやかなオレンジ色です。
 
●リストのソースはこちらです⇒Les noms les plus donnés aux chats – Journal des Femmes Jardin  
 
いかがでしたか?気に入った名前がありましたでしょうか?
 
飼い主にとっては自分の子どものように可愛い猫たち。名前も可愛い、スイートなものが多いですね。
 
きょうも最後まで読んでくれてありがとう
 
 
pen
こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。 このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ