イベント  対談 パスカル・キニャール + 津島佑子
15/11/201300:00 TV5MONDE
event_対談-ハスカル・キニャール-津島佑子.jpg

対談 パスカル・キニャール + 津島佑子
文学における「喪失」と「創造」

 
パスカル・キニャールは2002年にLes Ombres errantes 『さまよえる影』でゴンクール賞を受賞した、現代フランス文学で最も重要な位置を占める作家の一人です。キニャールは日本古典文学にも関心が高く、特に古くから続く「随筆」の伝統に強い影響を受け、自身の作品に反映しています。『音楽のレッスン』、『ローマのテラス』等、既に数多くの邦訳が出版されています。津島佑子は『寵児』で第17回女流文学賞(1978年)以来、多くの文学賞を受賞している戦後の日本女流作家の第一人者のひとりです。「私小説」の流れを継承する津島の作品はフランスでも高い評価を受け、『夜の光に追われて』等多くの作品が仏訳、出版されています。
 
二人の作家の作品にはしばしば、「死」あるいは「失われたもの」が描かれています。その喪失の悲しみは、作家 / 登場人物たちに哲学的、詩的、幻想的な創造のインスピレーションを与え、あらたにエッセー、小説、そして音楽のような作品が生まれるのです。
 
この対談ではキニャールと津島が、それぞれの創作における「喪失」と「創造」の深い繋がりについて語り合います。明治大学教授川竹英克が司会を務めます。
 
Date : 11月15日(金)19:00~21:00
Lieu : アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
TV5MONDEはフランス語の国際総合ネットワークです。映画、ドラマ、ニュース、スポーツ中継、ドキュメンタリー、トラベル、青少年番組、グルメ、インテリア、エンターテインメントショー等々、多彩な番組を字幕付きで放送しています。 TV5MONDEでは自主番組の他、フランス、カナダ、ベルギー、スイスのフランス語圏の公共放送機関と国営放送局10局の番組を放送し、2億6千万世帯が視聴可能です。番組は放送地域に応じて編成され、12言語の字幕が付いています。TV5MONDEは知識人やビジネスエリートをはじめ、世界中に広がるフランス語コミュニティの幅広い視聴者層から支持を得ています。

おすすめ

 

おすすめ

 

おすすめ