1982年生まれ。京都市在住。 古今東西の映画や国内外の映画祭を愛す。 フランス映画に惹かれたきっかけは、印象派絵画の巨匠オーギュスト・ルノワール の次男坊という興味で観始めたジャン・ルノワール監督作品との出合いから。 人生の悲喜交々を、自然や天候と戯れるような大らかさや女優たちへの少しばかり 淫らな視線、画面の構図、色彩感覚といった父親譲りの才能で描き出された彼の 作品群で映画の歓びを知る。 フランス映画以外ではアメリカのフィルム・ノワールや西部劇が特に好み。 映画検定一級取得。

DE L'AUTRE COTE DU LIT 『ベッドの反対側に』

コメディエンヌとしてのソフィー・マルソー。この映画はソフィー・マルソーを追い求める映画だ。彼女はデビュー作の『ラ・ブーム(1980)』が大ヒットして一躍人気者になり、数々のヒット作、話題作に出演する。日本でも大変な人気で、当時彼女の映画のおかげでフランス映画やフランスという国にあこがれを抱くようになった日本人男性は決して少なくない。デビューからおよそ30年、10代の頃のアイドル的な輝きから、...

, 24/01/2014 15:33

LA PREMIÈRE ÉTOILE『一番星』

人生、七滑り八起。 本作の監督はリュシアン・ジャン=バティストという黒人俳優で、主人公ジャン=ガブリエルを演じている。このジャン=ガブリエルはスーパーで洗剤の試供品を配るアルバイトをしているが、仕事そっちのけで競馬の予想をしながらいい加減に配っているような男だ。競馬予想に没頭している彼は上司が近くを通っても気付かず、試供品を渡そうとして叱られてクビになってしまう。 そんな彼には白人の妻ス...

, 14/01/2014 15:32

LEGITIME DEFENSE『正当防衛』

TV5MONDE 11月放送映画『正当防衛』 巻き込まれた男 輝くような緑あふれる野原で妻と赤ちゃんにカメラを向ける男、この絵に描いたように平和で平凡な主人公ブノワ(ジャン=ポール・ルーヴ)の職業はカメラマンだ。しかし彼が劇中カメラを構えるのは、上記の映画のタイトルが現れる前の映像、いわゆるアバンタイトルの時に限られている。 夜中家で赤ん坊にミルクを与える様なブノワの日常は、私...

, 06/11/2013 15:29

DES VENTS CONTRAIRES 『向かい風』

ブノワ・マジベル版そして、父になる。 パリに住む作家ポール(ブノワ・マジメル)は二人の子供の前で、医者である妻サラ(オドレイ・トトゥ)と口喧嘩をしてしまう。仕事に出かけた彼女はそのまま連絡もなく失踪してしまった。 一年間妻の帰りを待ったポールだが諦め、故郷のサン・マロへ戻り、兄から自動車教習の教官の仕事を世話してもらう。家では妻の不在を埋めようと二人の子供の父として奮闘するが、ふとした瞬...

, 04/10/2013 15:22
Displaying results 151-154 (of 154)
 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16