TV5MONDEはフランス語の国際総合ネットワークです。映画、ドラマ、ニュース、スポーツ中継、ドキュメンタリー、トラベル、青少年番組、グルメ、インテリア、エンターテインメントショー等々、多彩な番組を字幕付きで放送しています。 TV5MONDEでは自主番組の他、フランス、カナダ、ベルギー、スイスのフランス語圏の公共放送機関と国営放送局10局の番組を放送し、2億6千万世帯が視聴可能です。番組は放送地域に応じて編成され、12言語の字幕が付いています。TV5MONDEは知識人やビジネスエリートをはじめ、世界中に広がるフランス語コミュニティの幅広い視聴者層から支持を得ています。

対談 パスカル・キニャール + 津島佑子

文学における「喪失」と「創造」 パスカル・キニャールは2002年にLes Ombres errantes 『さまよえる影』でゴンクール賞を受賞した、現代フランス文学で最も重要な位置を占める作家の一人です。キニャールは日本古典文学にも関心が高く、特に古くから続く「随筆」の伝統に強い影響を受け、自身の作品に反映しています。『音楽のレッスン』、『ローマのテラス』等、既に数多くの邦訳が出版されてい...

, 04/11/2013 16:40

Le gâteau battu de Patrick  ガトー・バチュ(フランス北部ピカルディ地方のお菓子)

Le gâteau battu de Patrick  ガトー・バチュ(フランス北部ピカルディ地方のお菓子)のレシピをお届けします!

, 23/10/2013 17:25

10月日本公開映画:ルノワール 陽だまりの裸婦

幸福の画家ルノワール。名画誕生に秘められた真実の物語 人生の幸福をカンヴァスに描き続け、幸福の画家と称された印象派の巨匠ルノワール。 晩年は、病により車椅子での生活を余儀なくされ、自由のきかなくなった手に絵筆を縛りつけ創作を続けていた―。 自身は苦境に立ちながらも、なぜ彼の描きだした絵画はこれほどまでに、愛らしく喜びに満ちているのか?

, 21/10/2013 10:46

OREE – 期間限定アトリエ・ショップ

上質な木材と優雅で無駄を抑えたエコデザインを組み合わせ、美しく丈夫な製品を生み出す Orée(オレー)。 東京に期間限定アトリエ・ショップをオープンします。南仏の工房をイメージ させる雰囲気のアトリエ・ショップで、伝統的な木工技術と最新の加工技術が生み出す、シン プルで、丈夫、世界中の人々に愛されるユニークな製品をご用意してお待ちしています。お好きな製品を選び、その場でカスタマイズ刻印を施...

, 15/10/2013 12:09

アンサンブル室町の第9回公演『東方綺譚』

和楽器とバロック楽器の音楽集団、アンサンブル室町の第9回公演『東方綺譚』が10月26日(土)、東京・千駄ヶ谷の津田ホールで開催されます。世界的に活躍するヴァイオリニスト、ハエ=スン・カンがソリストとして初来日します。 20 世紀のフランスを代表する作家マルグリット・ユルスナールは、ベルギーのロイヤル・アカデミーのメンバーで、フランスのアカデミー・フランセーズの会員に選ばれた初めての女性...

, 15/10/2013 12:05

ダンス・トゥ・テラン

リヨン都市共同体(グラン・リヨン)にあるリリュー・ラ・パプ国立振付センターのカンパニーの初来日公演です。ディレクター、ユヴァル・ピック振付「Play Back」とフレデリック・グラヴァルによる新作「BWV245」の2本立て。いずれもヨハン・セバスチャン・バッハの楽曲をテーマとするプログラムです。Danse Tout Terrainとは、「あらゆる場所で踊る」の意。 振付:ユヴァル・ピッ...

, 15/10/2013 12:01

『愛のおわり』 (日本版)

「部屋の中で男と女が話している。愛をおわらせようとして。」 2011年、アヴィニヨン演劇祭で初演を迎え、観客を感動の渦に巻き込んだ傑作。 2012年にフランス劇文学賞大賞を、2013年には、フランス演劇賞主演女優賞および戯曲賞を受賞。 仏国内外で多数上演され、モスクワ、クロアチア、ローマ、ニューヨークの俳優による各言語バージョンも絶賛されている話題作の日本版/世界初演。 二つの視...

, 15/10/2013 11:58

カイユボット展-都市の印象派

カイユボット展-都市の印象派
「カイユボット展-都市の印象派」が10月10日(木)から12月29日(日)まで、東京・京橋のブリヂストン美術館で開催されます。印象派を代表する画家ギュスターヴ・カイユボットの全貌が日本で初めて紹介されます。
ギュスターヴ・カイユボット(1848–1894)は、モネ、ルノワール、ドガなどと並んで、印象派を支えた同派を代表する画家です。1876年の第2回印象派展に出...

, 15/10/2013 11:55

京都手帳 – ニコラ・ド・クレシー展覧会

フランス・バンドデシネ界の旗手、ニコラ・ド・クレシー。その類まれなる画力、そして物語の語り手として、魔術師とも呼ばれる彼の作品群(『天空のビバンドム』、『サルヴァ トール』、『ある幽霊の日記』)は、日本の漫画家、アニメ 作家、イラストレーターにも多大な影響を与えています。2008年にはヴィラ九条山招聘アーティストとして日本に滞在し、その滞在記を『京都手帳』(Éditions du Chêne...

, 15/10/2013 11:52

トリニィ・プラダ展

トリニィ・プラダ展 フランスとコロンビアの国籍を持つパリ在住のアーティスト、トリニィ・プラダは世界の人口問題や食に関する社会問題を指摘する中で、人生の儚さを表現します。「私たちは生まれ、やがて死んでいく・・・」というのが彼女の信条。ビデオ作品、絵画、インスタレーション、彫刻と食のパフォーマンスなど、「生と死を分かつ線」の作品には、強迫観念的な作風もうかがわれます。本展では、糸で描かれた絵...

, 15/10/2013 11:48
Displaying results 131-140 (of 152)
 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16